扉の微調整・前後・上下・左右

①扉を閉じた状態で前後にずれが生じた場合

  • 1. はじめに

    扉を開き、手で支えながら蝶番を、調整します。
    絵のような場合、右扉の上の蝶番を調整します。

  • 2. 固定ネジをゆるめる

    扉を支えて、固定ネジを0.5回転程度ゆるめます。
    次に、ゆるめた状態で扉を前後に動かし、調整します。

  • 3. ネジを締める

    調整後、先ほどのネジをしめて、扉を閉めます。

  • 4. 状態の確認

    扉を閉めてずれが直っているか確認します。
    調整が必要なら、手順1から作業を繰り返してください。
    調整が不要なら、先ほどの固定ネジが確実に閉まるように増し閉めして完了です。

②扉を閉じた状態で中央に隙間が空いてしまった場合

  • 1. はじめに

    絵のように中央の隙間が広い場合は、扉を開き、手で支えながら蝶番を調整します。
    絵のような場合、右扉の上下の蝶番を調整します。

  • 2. 固定ネジをゆるめる

    固定ネジを0.5回転程度ゆるめます。

  • 3. 調整ネジによる調整

    調整ネジを回し調整します。0.5回転で1mm程度動きます。
    1mm以上調整する場合は、手順2〜3を繰り返して調整します。

  • 4. 固定ネジを締める

    調整後、手順2でゆるめた固定ネジを締め直して完了です。

  • 5. 状態の確認

    扉を閉めてずれが直っているか確認します。
    調整が必要なら、手順1から作業を繰り返してください。

③扉を閉じた状態で上下にずれが生じた場合

  • 1. はじめに

    絵のように、扉上部が下がっている場合は、扉を開き、手で支えながら本体側のスライド蝶番取り付けネジ(または、上下調整ネジ)を調整します。(この場合は、右側の蝶番を調整します)

  • 2. スライド蝶番取り付けネジをゆるめる

    上下両方の蝶番のスライド蝶番取り付けネジ(または、上下調整ネジ)をゆるめます。

  • 3. 調整する

    ネジをゆるめたまま、扉を上下に動かし調整します。

  • 4. ネジを締める

    調整後、扉を手で固定しながら、先ほどゆるめたネジをすべて締めます。

  • 5. 状態の確認

    扉を閉めてずれが直っているか確認します。調整が必要なら、手順1から作業を繰り返してください。
    調整が不要なら、先ほどのスライド蝶番取り付けネジ(または、上下調整ネジ)が確実に閉まるように、増し閉めして完成です。

④扉を閉じた状態で上部にハの字のずれが生じた場合

  • 1. はじめに

    絵のように、扉上部の隙間が広い場合は、扉を開き、手で支えながら蝶番を調整します。
    絵のような場合、右扉の上の蝶番を調整します。

  • 2. 固定ネジをゆるめる

    固定ネジを0.5回転程度ゆるめます。

  • 3. 調整ネジによる調整

    調整ネジを回し調整します。0.5回転で1mm程度動きます。
    1mm以上調整する場合は、手順2〜3を繰り返して調整します。

  • 4. 固定ネジを締める

    調整後、手順2でゆるめた固定ネジを締め直して完了です。

  • 5. 状態の確認

    扉を閉めてずれが直っているか確認します。
    調整が必要なら、手順1から作業を繰り返してください。

⑤扉を閉じた状態で下部にハの字のずれが生じた場合

  • 1. はじめに

    絵のように、扉下部の隙間が広い場合は、扉を開き、手で支えながら蝶番を調整します。
    絵のような場合、右扉の下の蝶番を調整します。

  • 2. 固定ネジをゆるめる

    固定ネジを0.5回転程度ゆるめます。

  • 3. 調整ネジによる調整

    調整ネジを回し調整します。0.5回転で1mm程度動きます。
    1mm以上調整する場合は、手順2〜3を繰り返して調整します。

  • 4. 固定ネジを締める

    調整後、手順2でゆるめた固定ネジを締め直して完了です。

  • 5. 状態の確認

    扉を閉めてずれが直っているか確認します。
    調整が必要なら、手順1から作業を繰り返してください。

Feature特集

  • しらいぬ。と行くオンライン工場見学
  • SHIRAI公式キャラクター「しらいぬ。」って?
  • RoomClip投稿集
  • 法人のお客様
  • SHIRAIの取り組み
  • よくあるご質問
  • アンケート広場